公共交通機関

国際大会中は、HVV(Hamburger Verkehrsverbund)という現地の公共交通機関が主な移動手段となります。HVVは、バス、電車、フェリーのネットワークで、ハンブルグ市内を移動するのに大変便利です。

国際大会参加者は、大会の名札を提示することで、無料でHVVを利用できます。名札の有効期間は、2019年5月31日(金)~6月6日(木)です。

HVV交通網マップで灰色の円で囲まれている範囲であれば、大会の名札で無料で乗車できます。ほとんどの公共交通機関は、午前5時~午後11時までの運行です。

ホテルから大会会場までの移動の参考として、HVVのウェブサイトでルートをご確認ください(留意事項:2月14日以前にダウンロードしたものはご利用いただけません)

「Sternschanze」駅と「Messehallen」駅は、国際大会会場であるハンブルグ・メッセの地下に位置しています(HVV交通網マップで黄色でハイライトされています)。「U3」の電車は、国際大会の登録会場と友愛の家に一番近い主要な駅である「Sternschanze」駅に停車します。「U2」の電車は、大会会場の「Buildings A&B」の間に位置する「Messehallen」駅に停車します。

>>HVVについて

タクシー

My Taxiは、ヨーロッパ最大の配車サービスアプリで、ロータリー国際大会のスポンサー・支援者です。IOSのアプリストアまたはグーグルプレイから無料でMy Taxiのアプリをダウンロードしてください。

My Taxiは、ロータリー国際大会期間中の5月31日~6月5日の間、ハンブルグ・メッセまでの往復の移動から発生する利益の100%をロータリーに寄付することとなっています。

寄付が支えるプロジェクト:

    • 減少しているミツバチと蝶の数を増やすことを目的とした養蜂プロジェクト(アーレンスブルク・ロータリークラブ)
    • 自閉症スペクトラム障害がある人たちが個人生活や仕事で成功できるよう支援するEmotions Training for Autismプロジェクト(ドイツ・ローターアクト)
    • ロータリー第7020地区、ロータリー財団、DINEPAが全国規模で実施するHaiti National Clean Water, Sanitation and Health Strategy(ハイチ全国安全な水、衛生、健康戦略:HANWASH)プロジェクト

便利なMy Taxiで簡単に移動し、ロータリーを支援しましょう。

留意事項:ロータリーは、空港からホテル、またはハンブルグ・メッセ、またはホテルからハンブルグ・メッセへのシャトルバスは提供しません