ロータリー国際大会に出席することの大きなメリットの一つは、世界各地からやって来た講演者の多岐にわたるテーマに関する素晴らしい講演を体験できることです。

同時通訳は、登録者のニーズに応じて、日本語、英語、フランス語、イタリア語、韓国語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、その他の言語で提供されます。

講演者

ペーター・チェンチャー

自由ハンザ都市ハンブルグ第一市長(州首相)

ペーター・チェンチャーさんは、1966年1月20日、ブレーメンに生まれました。高校卒業後、国家への奉仕義務を終えたチェンチャーさんは、1987年からハンブルグの大学院で分子生物学に関連する医学を学び始めました。1995年には、医学博士号を、また2008年には教授資格を取得しています。2011年まで、ハンブルグ・エッペンドルフ大学医療センターの上級医を務めていたチェンチャーさんは、研究生としてドイツ社会民主党に入党しました。2008年から2011年には、ハンブルグ議会において同党の副議長と財務政策の報道官を務め、2011年にはハンブルグ州財務大臣となりました。2018年3月28日、チェンチャーさんは、ハンブルグ議会により自由ハンザ都市ハンブルグの第一市長(州首相)に任命されました。現在、連邦大臣として、ドイツとフランスの文化協力におけるドイツ連邦共和国全権大使を務めています。

ピーア・シュカラビス・ケルフェルト

Medizin Hilft理事、クラインマハノー・ロータリークラブ会員

ピーア・シュカラビス・ケルフェルトさんは、ベルリンの医科大学で学び、1992年に医学学位を取得しました。開業医として20年以上にわたり、筋機能不全の診断・治療と疼痛管理を専門に、一般内科、スポーツ医学、音楽家のための医学の分野で活躍してきました。医学学位のほかに、カイロプラクティック、整骨療法、臨床催眠学においても医学研修を修了しています。2003年以来ロータリアンであり、自身が2014年にベルリンで立ち上げた人道的医療プロジェクト「Medizin Hilft」でのボランティア活動を称えられ、ロータリーの超我の奉仕賞を受賞しています。

ティモテウス・ヘットゲス

ドイツテレコム社最高経営責任者

1962年生まれのティモテウス・ヘットゲスさんは、2014年1月よりドイツテレコム社の最高経営責任者を務めています。2006年から2009年にかけては、T-Home社の役員を務めていました。ヘットゲスさんの指揮の下、同社はDSLサービスで新しい顧客を多く獲得し業界の大手となりました。また、同社の開発したインターネットによるテレビサービス「Entertain」テレビを広く普及させ、同社に安定した収益をもたらしました。ヘットゲスさんは、T-Home社ならびにモバイル通信を提供するヨーロッパ内の子会社で経費削減プログラムを成功させた後、能率増進プログラム「Group-wide Save for Service」の責任者となりました。2005年から団体役員に任命されるまで、ヘットゲスさんはTモバイル・インターナショナル社の役員として、同社のヨーロッパでの経営を担当していました。

スティーブ・ファーバー

The Extreme Leadership Institute創設者兼会長

スティーブ・ファーバーさんは、「Extreme Leadership」法人の会長を務め、事業、非営利団体、教育分野で究極のリーダーの育成に努める組織「The Extreme Leadership Institute」の創設者です。ファーバーさんの著書の中でも第三作「Greater Than Yourself: The Ultimate Lesson In Leadership」は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙とUSAトゥデイ 紙でベストセラーとなりました。第二作「The Radical Edge: Stoke Your Business, Amp Your Life, and Change the World」は、「人間の精神力を引き出すための脚本集」と絶賛されています。リーダーシップ養成の分野では古典ともなっているファーバーさんの第一作「The Radical Leap: A Personal Lesson in Extreme Leadership(日本語版「Leap!」)」は、「Fast Company」誌の読者が選ぶ「リーダーズチョイス・アワード」を受賞しているほか、最近では「アメリカCEOのベストビジネス書100」の中でも取り上げられました。現在、同書の第10版となる記念版が書店で販売されています。

ダニエル・フリン

Thankyou共同創設者、代表取締役

意欲、才覚、信念に満ちたダニエル・フリンさんは、オーストラリアで最も成功している20代の起業家の一人です。フリンさんは、社会事業「Thankyou」の創設者で代表取締役を務めます。同社は、世界の貧困を止めるためにこれまでに580万ドル以上を寄付してきました。同社の50製品は、オーストラリアの主要小売店で販売され、その利益のすべてが水、衛生、食糧、母子の健康に取り組む世界各地のプロジェクトの支援にあてられています。同社はわずか9年間に、オーストラリアを含む20カ国で、755,338人もの人びとに直接的な変化をもたらしました。フリンさんはまた、ベストセラー「Chapter One」の著者でもあります。「Thankyou」の立ち上げにまつわる実話が書かれたこの本は、購入者が望む金額を払うという型破りな方法で販売されました。出版業界の厳しい状況にも関わらず、同書は予想を覆して、最初の月だけでも55,000部以上も売れ、140万ドルを超える売り上げをもたらしました。フリンさんは、「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」賞(南地域)を受賞し、フォーブス誌アジア版で、20代の社会起業家30人のうちの一人として選ばれています。

ハレッシュ・ラムチャンダニ

ロータリー第7020地区(カリブ地域北部)パストガバナー

第7020地区パストガバナーのハレッシュL. ラムチャンダニさん(44歳)は、ジャマイカのモンテゴベイ・イースト・ロータリークラブの20年来の会員です。これまでに、ロータr-イの地区やゾーン、国際レベルでモデレーター、進行役、パネリスト、委員会委員など数々の役職に就いてきました。ロータリー財団学友でもあるラムチャンダニさんは、財団のメジャードナーとベネファクターです。平和を信じ、ワインのソムリエでもあるラムチャンダニさんは、結婚20年になるヴァンダナ夫人との間に二人のお子さんがいます。現在、RI 若者パストガバナー委員会とハンブルグ国際大会推進委員会の委員で、2019年国際協議会では研修リーダーを務めました。


ロータリーのリーダー

RI会長  バリー・ラシン

RI会長エレクト  マーク・ダニエル・マローニー 

RI会長ノミニー  スシル・クマール・グプタ

ロータリー財団管理委員長  ロン・バートン

国際ロータリー事務総長  ジョン・ヒューコ